オーガナイズドセッション

オーガナイズドセッションの申し込みについて

本講演会では,特定のテーマを定めて講演を募集する オーガナイズドセッション(OS)を実施いたします.オーガナイザ希望の方は,所定の申込書をダウンロードいただき,セッション名・オーガナイザ氏名等を明記して,期日までにプログラム委員会(rsj2017.pc[at]robot.t.u-tokyo.ac.jp)まで,Emailに添付してお申し込みください.なお,すべての講演を英語で行う国際セッション(IS)としての実施も可能です.

申込書

申込締切:2017年4月29日(土)

登壇資格および参加登録費の取扱いについて

  • オーガナイズドセッションは参加登録費をお支払いいただいた方のみ参加・聴講できます.
  • オーガナイズドセッションの登壇資格者は,日本ロボット学会の正会員または学生会員(または,協賛・後援団体のうち,研究発表に関し日本ロボット学会が同等の扱いを受けることが確認できている団体の会員)です(詳細はWebページで公開予定).ただし,オーガナイザの裁量で,キーノートスピーチ等の講演者を参加登録費有料の条件で登壇資格がなくとも招待できます.また,すべての講演を英語で行う国際セッションについては会員資格を問わず登壇可能です.
  • オーガナイザが,上記の有料講演者以外の特別枠として参加登録費無料招待の講演を行いたい場合は,実行委員会にこれを提案できます.同委員会は,OSの性格や学会の戦略,大会運営の収支等を考慮して可否を判断します.なお,この場合の講演者の聴講可能範囲は,招待されたセッションのみとなります.
  • 基本的に,同一者に対する無料招待は1回限りとし,該当招待発表者の次年度以降の発表は有料といたします.
  • OSとして提案があったものでも,多くの講演者の参加登録費を無料にしたい場合には,実行委員会の判断により,オープンフォーラムで市民向け一般公開企画として実施していただく場合があります.
  • プログラム編成時,ご提案頂いたオーガナイズドセッションの投稿件数が5件に満たない場合,一般セッションに変更させて頂く場合があります.
  • 座長はオーガナイザにより御推薦,御依頼いただきます.申込時に座長が未定の場合,平成29年7月開催予定のプログラム編成会議までに内諾を取り,プログラム委員会までご連絡ください.
  • 参加登録費には1件分の講演申込費が含まれます.
  • お申し込み頂いた後,プログラム委員より,確認メールをお送りいたします.もし,3日以内に確認メールをお受け取り頂けなかった場合,プログラム委員までご連絡下さい.